2018年5月11日

TOP

[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

通常の生物が生育できない極限環境に生息する生物は、
世界が抱える様々な問題を解決する有用な機能を保有しています。

わたしたちは、この極限環境生物の力を引き出し、活用することで、
未来社会の構築を実現します。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey” align=”align_center”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text css=”.vc_custom_1526031937116{background-color: #8ee560 !important;}”]

極限環境生物とは

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]極限環境生物とは、強酸性・強アルカリ性環境や0℃以下の低温、100℃を超える高温、高圧乾燥といった人間の常識では考えられない環境のもとで生きている生物のことです。特殊な環境に適応した彼らの能力や彼らの持つ酵素には、工業的にも非常に有用なものもあります。

極限環境生物には、シアニディウム類、鉄酸化菌、アイスアルジ、強アルカリ細菌、絶対好熱性細菌、有機溶媒耐性菌、石油分解菌、クマムシなどがいます。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text css=”.vc_custom_1526031943787{background-color: #8ee560 !important;}”]

硫酸性温泉紅藻(紅藻シアニディウム類)

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]硫酸性温泉紅藻(紅藻シアニディウム類)は、世界各地の硫酸酸性温泉(強酸性(pH5以下)高温(37-56℃))に生息する藻類で、GaldeiriaやCyanidioschyzon 、Cyanidiumなどがいます。硫酸性温泉紅藻は約16臆年前に誕生した真核藻類の中でも、より古い部類に属し、他の藻類にはない原始的な性質を多く残しています。十数億年の間、極限環境で生き延びてきた彼らの持つ能力は多様であり、私たちの生活を豊かにする鍵を秘めています。
例えば、他の生物が増殖しにくい環境でも効率よく増殖するこよができるため、安価で、純度の高い物質の生産することができます。そのほか、高い金属耐性と選択的金属回収の能力を持ち有価金属回収が可能なものや、環境浄化、医薬品・化粧品等の原料としての活用可能なものなど、今まさに注目を浴びつつある藻類です。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”3/4″][vc_single_image image=”59″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][/vc_column][vc_column width=”1/4″][vc_single_image image=”84″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey” align=”align_center”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text css=”.vc_custom_1526031952872{background-color: #aaaaaa !important;}”]

メンバー紹介

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/6″][vc_single_image image=”48″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][/vc_column][vc_column width=”1/6″][vc_column_text]

代表取締役CEO

蓑田 歩

博士(農学)[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”4/6″][vc_column_text]

筑波大学生命環境系 助教。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。博士(農学)。大学院博士課程中に、2倍に増えるのに3日間かかっていた硫酸性温泉紅藻の培養を8時間に短縮、自然突然変異株の単離、相同組換えによる形質転換を行うとともに、ゲノム配列の決定に参加することで、硫酸性温泉紅藻の研究基盤を築く。ミシガン州立大学植物学部博士研究員、日本学術振興会特別研究員(PD)、JSTさきがけ研究員などを経て現職。(株)ガルデリアでは、これまでの知見をもとに、硫酸性温泉紅藻のもつユニークな能力を社会に還元することを目指す。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css=”.vc_custom_1453108586749{background-color: #f7f7f7 !important;}”][vc_column width=”1/6″][vc_single_image image=”51″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][/vc_column][vc_column width=”1/6″][vc_column_text]

取締役COO

谷本 忠駿

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”4/6″][vc_column_text]

慶應義塾大学大学院経営管理研究科MBA。2000年にリアルコム株式会社を創業し、代表取締役CEOに就任。2007年に東証マザーズに上場。その後同社を退職し、2013年にテネクス株式会社創業。代表取締役CEO就任。株式会社オリイ研究所の経営顧問として、資本政策、資金調達から開発マネジメント、営業・マーケティングまで全般的な支援を行う。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/6″][vc_single_image image=”49″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][/vc_column][vc_column width=”1/6″][vc_column_text]

取締役CFO

須田 仁之

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”4/6″][vc_column_text]

株式会社イマジニア社長秘書を経験後、ソフトバンクにて、ブロードメディア社のIPO、YahooBB事業立上げを実施。2002年には株式会社アエリア取締役CFOに就任し、 IPOを実現。 以降、複数企業のM&A・投資(ゲーム、IT、金融)、上場企業TOBなどを経験。 2011年以降はエンジェル投資家・実務家として複数のベンチャー企業の役員・アクセラレータとして活動。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text css=”.vc_custom_1526031987357{background-color: #aaaaaa !important;}”]

設立経緯

[/vc_column_text][vc_column_text]代表である蓑田は博士課程進学時に、真核光合成生物の起源に近い原始的な性質をもつ、シアニディウム類に興味をもち、Cyanidioschyzonの液体培養系とプレート培養系の確立1)、Cyanidioschyzonの核ゲノムの決定1)、自然突然変異株の単離と形質転換系の確立3,4)、遺伝子発現解析を行い5)、その研究基盤を築きました。

その後のアメリカ留学時に、Galdieriaのゲノム解析を行ったAndreas P.M.Weber博士の研究室で学び、帰国後、Galdieria sulphurariaによるバイオ燃料生産と金属回収についての特許6,7,8)を取得し、2011年から3年半、JST さきがけプロジェクトとして、「循環型エネルギーを利用した硫酸性温泉紅藻によるレアメタル回収システムの開発」に取り組み、硫酸性温泉紅藻の貴金属吸着材としての性質などを見出しました9)。

2012年に、筑波大学生命環境系の助教に着任。さきがけプロジェクト終了後の2015年に、これまでの知見をもとに、シアニディウム類の有用な性質を社会に還元することを目指して、株式会社ガルデリアを設立しました。同年、日本ソロプチミスト会のクラブ賞を受賞。[/vc_column_text][vc_column_text]1)Minoda A., Sakagami R., Yagisawa F., Kuroiwa, T. and Tanaka K. (2004) Improvement of the culturing conditions and evidence for a nuclear transformation by homologous recombination in a red alga, Cyanidioschyzon merolae 10D. Plant & Cell Physiol., 45(6): 667-671.  

2)Matsuzaki M., Misumi O., Shin-I T., Maruyama S., Takahara M., Miyagishima SY., Mori T., Nishida K., Yagisawa F., Nishida K., Yoshida Y., Nishimura Y., Nakao S., Kobayashi T., Momoyama Y., Higashiyama T., Minoda A., Sano M., Nomoto H., Oishi K., Hayashi H., Ohta F., Nishizaka S., Haga S., Miur7a S., Morishita T., Kabeya Y., Terasawa K., Suzuki Y., Ishii Y., Asakawa S., Takano H., Ohta N., Kuroiwa H., Tanaka K., Shimizu N., Sugano S., Sato N., Nozaki H., Ogasawara N., Kohara Y. and Kuroiwa T. (2004) Genome sequence of the ultrasmall unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae 10D. Nature, 428, 653-657.      

3)Yagisawa F., Nishida K., Okano Y., Minoda A., Tanaka K. and Kuroiwa T. (2004) Isolation of Cycloheximede-resistant mutant of Cyanidioschyzon merolae. Cytologia, 69, 97-100.

4) Imamura S., Terashita M, Ohnuma M., Maruyama S., Minoda A., Weber A.P.M., Inouye T., Sekine Y., Fujita Y., Omata T. and Tanaka K. (2010) Nitrate Assimilatory Genes and Their Transcriptional Regulation in a Unicellular Red Alga Cyanidioschyzon merolae: Genetic Evidence for Nitrite Reduction by a Sulfite Reductase-like Enzyme. Plant & Cell Physiol., 51(5): 707-717.  

5) Minoda A., Nagasawa K., Hanaoka M., Horiuchi M, Takahashi H. and Tanaka K. (2005) Microarray profiling of plastid gene expression in a unicellular red alga, Cyanidioschyzon merolae. Plant Mol Biol., 59, 375-385.    

6 ) Minoda, A., Weber A.P.M., Tanaka K. and Miyagishima SY. (2010) Nuclear independent control of Rubisco operon by the plastid-encoded transcription factor Ycf30 in the red alga Cyanidioschyzon merolae. Plant Physiol., 154, 1532-1540. 

7) Kanesaki, Y., Imamura, S., Minoda, A. and Tanaka K. (2012) External light conditions and internal cell cycle phases coordinate accumulation of chloroplast and mitochondrial transripts in the red alga Cyanidioschyzon merolae. 19, 289-303.

8) 金属の回収または除去方法、および、脂質または色素の生産方法(特願2011-205459特開 2013-67826 PCT/JP2012/005866) 、出願人:山本高郁、発明者:蓑田歩

Sakurai, T., Aoki, T., Ju, X., Ueda, T., Nakamura, Y., Fujiwara, S., Umemura, T., Tsuzuki, M., and Minoda, A. (2015) Profiling of lipid and glycogen accumulations under different growth conditions in the sulfothermophilic red alga Galdieria sulphuraria. Bioresource Technology. In press  

[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text css=”.vc_custom_1454369690169{background-color: #46a89e !important;}”]

コア技術

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

金属廃液からのレアメタル回収

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]私たちは、極限生物の機能により社会に新しい価値の提供をしていきます。
特に金属廃液からのレアメタル回収では、金属廃液から金(Au)、プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)などの貴金属をガルディエリア(Galdeiria)を利用して回収し、99.98%の純度で細胞から溶出することが可能です。(溶出効率:45-75%)[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_single_image border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” image=”96″ img_size=”full”][vc_single_image image=”94″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][vc_column_text]

複雑な工業プロセスがなく、金属廃液に培養したガルディエリアを混入し、溶出機を用いて回収することにより簡便にレアメタル回収を行います。

[/vc_column_text][vc_single_image image=”98″ border_color=”grey” img_link_large=”” img_link_target=”_self” img_size=”full”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

9) Minoda A., Sawada H., Suzuki S., Miyahsita S., Ingaki K., Yamamoto T. and Tsuzuki M. (2015) Recovery of rare earth elements from the sulfothermophilic red alga Galdieria sulphuraria using aqueous acid. Appl. Microbiol. Technol. 99, 1513-1519.[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]