コア技術

藻類について

種類(属)

主な特徴

高い金属耐性と選択的金属回収 特殊な細胞壁によるユニークな物質吸着 高いリン酸蓄積能 高タンパク含有率 高いポリアミン含有率 高い分岐アミノ酸含有率 高い抗菌作用 高い抗酸化機能

利用用途

有価有価金属回収

環境浄化
医薬品原料
化粧品素材
健康食品
 
選択的金属の回収能力と高い金属耐性は、レアメタルなど、価値が高く回収にコストが掛かる有価金属の回収に役立つと考えられます。
特殊な細胞壁によるユニークな物質吸着能力は、環境の浄化などに有効であると期待されます。
タンパク、ポリアミン、分岐アミノ酸などの含有率が高く、併せて高い抗菌作用と抗酸化機能を持ち合わせており、医薬品や健康食品への応用が期待されます。

金属廃液からのレアメタル回収

私たちは、極限生物の機能により社会に新しい価値の提供をしていきます。 特に金属廃液からのレアメタル回収では、金属廃液から金(Au)、プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)などの有価金属をガルディエリア(Galdeiria)を利用して回収し、高い純度にて細胞から溶出することが可能です。 複雑な工業プロセスがなく、金属廃液に培養したガルディエリアを混入し、溶出機を用いて回収することにより簡便にレアメタル回収を行います。  

知的財産

既に金属回収に関わる基本技術特許は国内で取得済みで、それ以外もいくつかの特許を日米欧アジア主要各国で申請中です。  
項目特許番号或いは
出願・申請番号
発明の名称特徴
取得済み特許特許番号6688432金属回収剤、金属化合物回収剤、及び、金属又は金属化合物の回収方法硫酸性温泉紅藻を、金属廃液の処理現場に利用しやすい乾燥藻体(硫酸性温泉紅藻粉末)とすることで、貴金属回収現場で利用される王水濃度において、100 ppm以下のPdの吸着量と選択性がイオン交換樹脂や活性炭よりも優れいてることを見いだした。
出願済み特許特願2017-558286
PCT/JP2016/88504
金属選択回収剤、金属溶出用組成物、金属製造方法、および、金属溶出方法貴金属の回収にあたり、硫酸性温泉紅藻が死んでいても、その細胞表層が、これまでに報告されている微生物よりも強酸性条件下で、貴金属を吸着可能であることを見いだした。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました